2007年10月13日

木の器

ワーホリ時代のカナダの友達から素敵な贈り物が届きました。
包みを開けた瞬間に、プ〜ンと漂う木の香り。
Tung Treeの油がボウルに塗ってあるそうで、その油の匂いでもあるのかな〜。

なんとハンドメイドの木の器!友達が作ったものです!
木の器 001..jpg

つい最近、彼女は当時からお付き合いしていたカナディアンの男性と結婚したばかり。
旦那様の実家家がカナダ北西部にあるTelegraph Creekという、と〜っても自然溢れる場所(家の庭にクマとか出没するのも日常茶飯事)にあって、彼女はそこで短い夏の期間、旦那様のご家族と一緒に過ごしてるんです。山での魅力たっぷりな生活ぶりをmixiの日記でいつも楽しく読ませてもらってました。

一年ほど前のある日の日記で、ウッドカービング(木彫り)でボウルを作ったという写真をみた瞬間、その素敵な作品に目が釘付け!
ずっと欲しいと思っていて探していた、まさに理想にぴったりの木のボウル。もう迷わず彼女に頼んで「私にも作って〜!」と。お願いというより叫びに近かったかも・・?

快く引き受けてくれて、すぐに翌年まで木を寝かしておく作業にとりかかってくれたのでした。
カービングするまでに、木を寝かせること約一年。すご〜く時間のかかる作業なんです。

で、一年後の今年の夏。
彼女は約束どおり、山の家で私のためにと木の器を完成させてくれてました!

木の器 003.jpg
木の器 004.jpg

カービングしてる途中で、一つは木目の関係で穴が出来ていたので、もう一つのほうで作ってくれたのがこのボウル。
木の種類はBirch Treeと言うそうです。
この木にはこぶが出来るらしく、そのこぶを切り取ってその原形を元に器を作ることができるんだって。

こぶにある独特の模様(丸い渦巻状のもの)があるので、おもしろい器が作れるそうです。
木の器 005.jpg

木の温もりって大好きなんですよ〜。
手で持った感触、素朴で丸みを帯びた自然なカーブがたまりません!
木目も素敵。

見れば見るほど使うの勿体無いなあ・・なんて。
お菓子とかフルーツ入れに使わせてもらおうかな。

↓器の裏には彼女のイニシャルが。
木の器 002.jpg

まずは夫に見せて自慢するぞ!わーい(嬉しい顔)

世界に二つとない木の器。しかも友達の手づくり。
一生大事にしまするんるん

かわいいどうもありがとう、なっちゃん!かわいい

ちなみに彼女の本業はパン職人。
普段はバンクーバーでパンを焼いてますのよ。











posted by maru at 05:42| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 心の声/伝えたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜ステキだな〜!木の温もりが写真からも伝わってくるよ〜!なんかカナダの木(だよね?)っていうのもステキ!
Posted by coogee at 2007年10月14日 22:04
ほんと素敵だね。どんな風に使うのか、また見せてもらいたいなぁ..
Posted by suzuemi at 2007年10月14日 23:57
coogee>

カナダの木だね〜、これは。
本当にすごい手作りだよね〜。眺めているだけで幸せな気持になれるよー♪


suzuemiさん>

使い道に悩んでしまうくらい素敵なものです☆
形がユニークなので、食べ物を乗せたりする以外に使ってもいいかもね〜。
Posted by maru at 2007年10月15日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60416453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。