2005年07月14日

ゴミ捨て。

ゴミは毎日けっこう出る。
ちゃんと料理してる証拠か!?あ、鼻もよく咬んでるからか・・・。

私の住んでいるところは集合住宅地。というわけで、ゴミ捨ての場所も数箇所に分かれていて、自分の住んでいる建物に一番近い場所(といっても徒歩3分ほどかかる)へ捨てに行く。
日本ほど、ゴミの分別にうるさくない。というか、かなり大雑把だ。

ゴミ回収日もいつでもOK。ゴミを出したい時に出せばいい。たぶんこれは集合住宅地だけに限ると思うけど。個人宅はきっと回収日が決まっているはず。
日本の実家のゴミ分別ルールは相当に細かいものだったので、こっちにきてから本当にこんな分け方でいいのか??と、ちょっと戸惑った。

ゴミ捨ての袋も何でもOK。透明だろうが真っ黒で中身が見えないだろうが関係ない。
アメリカはもしかしたら日本よりもずっとゴミ分別の意識が低いのかも?
ふとそんなことを思った。

地域パトロール(仕事)してる管理人さんが変なちっこい移動車に乗ってるのをよく見かけるんだけど、昨日のゴミ捨てに行く途中で何か背後で自分に近づいてくる気配を感じたと思ったら、移動車に乗った管理人のオジサンだった。

私がゴミ袋を3つ持ってゴミ捨て場に向かっていたら、「それ後ろに乗せな」と声をかけてくれた。ラッキー。ゴミ捨て場まであとちょっとの距離だったけど、オジサンの親切心にここは甘えておこうってことでお礼を言って持って行ってもらった。

その後はいつものコースで、プラプラと住宅地の中を歩き郵便ポストを確認し家に帰る。
天気の良い暑い日はこの短い距離でさえ、けっこう体に応えてしまう。
これがちょっとした日課になりつつある、私の超ミニお散歩コース。

posted by maru at 23:08| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 主婦の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5088309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。