2010年11月08日

銀座へ

週末久々に銀座に出向きました。
リニューアル後の三越とか見たりして、ウィンドウショッピングだけでも楽しかった〜るんるん

で、夜は夫が誕生日のために予約してくれてたお店へ。
なんとなんと(たまたまだったみたいだけど)私たち一組だけの貸切。夜は予約客のみだけしか受け付けず飛び込みのお客さんにはお断りしてました。
自分たちの会話しか聞こえないすごいプライベートな空間。

お店は料理人のご主人と接待してくれる奥様のご夫婦二人で営まれてる新日本料理店。
「新」が付くだけあって、どのお料理も目から鱗の斬新な創作料理でした。
とってもユニーク。もちろん美味!
丁寧な料理人の技ともいうべき芸術的なアイデアとセンス。
日本料理の良さを改めて感じましたねえ。すばらしい。

この日頂いたのはヘルシー会席(霜月)で、秋の旬素材を盛り込んだ野菜メインの数々。
これがまた見た目と素材のギャップに驚くばかり。
奥様に種明かししてもらいながら、心ゆくまで楽しませてもらいました。

まずは乾杯。
日本酒のシャンパン。シュワッと微炭酸が効いててすごく美味しかったー!
好きだわあ。
CIMG0856.JPG

酒菜(秋草和え、いが栗、秋刀魚利休揚、さーもん豊作、吹き寄せ)
お酒が進む品々。いが栗の外側は茶そうめん、ミニ柿に見立てたのはウズラの卵。
細かい丁寧な創作は感動モノ目
CIMG0859.JPG

椀盛(そば豆富)
濃厚な豆腐にやさしいお出汁が合います。
CIMG0861.JPG

造里
CIMG0865.JPG
こちらソースでお店の名前を入れてくれてます。私のお皿は誕生日ということで私の名前を入れて運んできてくれました。このソース、その名も「もってのほかソース」。ピンク色の食用菊で作ったものだそう。ドレッシングソースとして頂いたけどとっても美味しい!
左上の赤身に見えるのは、実はトマトこんにゃく。右上は生湯葉。

途中でなかなか入手できないという別の日本酒を夫とシェア。
口に含んだ瞬間ふわっとフルーティーな香りが広がって飲んだ後にお酒が残らない。うーまーいーるんるん
CIMG0866.JPG

焼肴(かぶらステーキ、旬菜)
まるで大根のような大きさなのだけど、カブなんですって。大きい!
と、上にのってる穴子は無理だわ・・夫に食べてもらおうと思いつつ、このお店の美味しさで恐る恐る食べてみました。キャ〜美味しい。全部食べれた!自分に驚き〜。
CIMG0867.JPG

酢皿
CIMG0868.JPG
こちらの野菜(アンデス地方が産地だけど最近は日本でも作ってるところがあるそう)は見た目はサツマイモみたいらしいです。食感は梨に似ていてシャキッと瑞々しい感じ。
サーモンが巻いてあって野菜との塩加減バランスが絶妙で美味しかったです。

こがらし煮(秋の旬野菜の煮物)
とってもやさしい味わいでした。
CIMG0870.JPG

その名もヘルすシー。
なんとシャリは赤ワインで色がほんのり赤味があるんです。これがすっごく美味しいの!
CIMG0872.JPG
左からネタが杏、こんにゃく、トマトゼリー、パンナコッタ、赤パプリカ、エリンギ、タピオカ。
聞いてびっくり、うひゃ〜!でした。どれも見た目は普通の寿司ネタに見えるけど予想外。
タピオカをイクラに見立てる発想もすごい。そう思って食べるとイクラなんですよ〜これが。とにかくどのネタも美味しかったです。海苔からして違った。

水菓子はチョイスできたんですが、二人ともデザートの盛り合わせを。
黒胡麻シャーベット、和菓子、豆腐シュー(豆腐クリーム入り)
CIMG0874.JPG

とことんおもしろい斬新な創作料理を堪能させていただきました。

そして夫が誕生日ということで用意してくれたお店オリジナルのベジブーケ。
ブロッコリーにプチトマト、えのきまで!(笑)
CIMG0880.JPG

ありがとうありがとう。



新日本料理 うち田
東京都中央区銀座1-20-5清和ビルB1
03-3564-9255





posted by maru at 12:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168692309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。