2006年04月06日

春なのに・・吹雪が!?

今日はまた午前中にバレエに行ってきた。
バレエのレッスン中に窓の外を見たら、なーんとexclamation

季節外れの雪が吹雪いていた・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

レッスンが終わる頃にはほぼ止んでいたけど、外はほんのり雪景色に変わっていた。
その後、すぐに太陽が照り出したおかげで雪も完全に消え去ってくれたけど。

こんなこともある4月のニュージャージーであります。

さてさて、今日のバレエは先週とはまた別のビギナークラス。
先週のクラスは埋め合わせで受けた予備クラスの方なのだが、本来は今日のクラスを受けることになる。

先生がまたすごく陽気な人で、一人一人をケアした丁寧な指導振り。
とにかく楽しい!!
7人ほどの少人数クラスというのもGOODだし、みんなフレンドリーですごく気に入ったわーい(嬉しい顔)

もう一つこのクラスのステキなところは、自分の父親よりも年上なんじゃないかと思われるオジサマが参加していること。
初老の方といってもいい。

その年でバレエをやろうというオジサマの心意気がすごくステキではないですか!
見よう見まねで頑張ってついていくオジサマの姿はすごく粋ぴかぴか(新しい)でした。

やりたいことや好きなことを年齢性別に関係なく始められること、そしてそれを自然に受け入れてくれる環境があること。そういうところはアメリカ(カナダも)の良さだと思う。

日本ではまずこういう光景は見ないでしょうねえ。
女性の中に、初老の男性が一人だけ混ざってバレエのレッスンを受けている姿ってトイレ






posted by maru at 03:04| ニューヨーク ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック・バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだね〜。教室が受け入れてくれるかの前に、本人が恥ずかしがって教室にこれなそう。
Posted by myums at 2006年04月06日 10:25
myums>
日本って、人目や体裁を気にする文化だからね。
アメリカやカナダみたいに、「何でもあり!」の文化って、やっぱりのびのびとした生活、人生が送れそうだよね。
躊躇することなく、やりたいことに何でも飛び込んでいける環境が日本人としてとても羨ましく思えるよ。
Posted by maru at 2006年04月06日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16208913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。