2006年01月11日

『ダ・ヴィンチ・コード』

友達が貸してくれた『ダ・ヴィンチ・コード』(上・下巻)を一気に読んだ。
かなり面白い。読み始めたら止まらない。オススメの一冊本

キリスト教、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に纏わる謎、そして暗号。
この話は暗号を解読しながら事件の謎を追求し真実へと迫っていくというストーリー。
今まで自分が抱いていたキリスト教のイメージ、捉え方が一変してしまうような意外な事実に、思わず「え・・本当!?」と、驚かされる。
宗教に関心がなくても、十分惹き付けられノメリ込める内容だ。

映画は今年5月に公開される。
全世界一挙公開らしいので、アメリカで見てみたいと思う。
(原作を読んでいるから、たぶん英語でもなんとかなるだろう・・。)
果たして映画が原作を裏切らない作品に仕上がっているのか、楽しみだ。

いきなり映画というのもありだけど、興味のある人はぜひ原作の興奮も味わってみて欲しい。



posted by maru at 00:27| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11558062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ダ・ヴィンチコード
Excerpt: 単行本と文庫本 冊数が異なるものがあるワケは? | Excite エキサイト 裁判沙汰になったり、映画化されたりと、何かと話題の 『ダ・ヴィンチコード』 ですが、みなさんはもう読みました? ..
Weblog: どうなんかね、国際結婚。
Tracked: 2006-04-09 12:09

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-22 16:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。